江戸川区新田6号公園フリーマーケット

はまちゃんのフリバカ日誌

ハマちゃんのフリバカ日誌第46弾

ハマちゃんのフリバカ日誌第46弾1月31日 リサイクル団体 ASOBO会主催の、江戸川区新田6号公園で開催されたフリマの買い物リポートです。年明け早々に緊急事態宣言が出されフリマも中止の会場が相次ぐ中、東京都内で開催されたいたフリマの状況です。年明けの1月3日には越谷しらこばと水上公園でフリマ開催されていたのですが翌週からここも自粛となり一月のフリマはもう全滅かと思っていたのですがなんとか最終日曜日に天気も良く出店制限は有るものの50店舗ほどの規模で開催されていました。出店は都内の方に限るとの事で自分達も出そうかと思っていたのですが断念し買い物のみとなりました。日曜日で道も空いているので練馬区のハズレから一般道で約1時間で到着し8時30分ぐらいから散策開始。他の会場が無い事も有りここにも大井競馬場の出店常連さんの顔がチラホラと有り又顔見知りのフリマフリークの方などと新年の挨拶などしながら会場を回りました。手持ち出店や車の横出し出店形式で数も少ないせいか出しやすそうな会場で子供服やおもちゃ、雑貨、大量の中古シューズ、ガラクタ、などの出品で手持ちのブースで全品100円でジャンクガラクタ系お宝に沢山のお客さんが張り付いていましたがタイミングを逃し仲間に入ることが出来ませんでした。こうゆう光景もフリマの面白さかなぁとも思います。この日の戦利品としては簡易タープ500円・カマラバッグ1000円・レトロな黒電話500円・折り畳み鋸300円・乾板写真 ガラスに焼き付ける写真で物は松坂屋での仏像展示展で撮影されたと見られるものが数十点をカメラケース込みで2000円で大井の常連さんからゲットしました。だいぶ感染者は減って来てはいますが緊急事態宣言も延長されフリマ開催も縮小傾向は続くかと思いますが開催スタップの感染予防努力にも感謝しつつ、密に注意しながらこれからも出店や買い物を楽し見たいと思います。

少し閑散とした手持ちブース
快晴の車横だしブース
入場者の方達も検温と消毒を経て会場へ入りました。スタッフの方ご苦労様ですがありがとうございます。
今回の戦利品
なつかしの黒電話
希少な仏像の乾板写真?

-はまちゃんのフリバカ日誌

© 2021 ヨミモノ@フリマガイド® Powered by AFFINGER5