はまちゃんのフリバカ日誌

ハマちゃんのフリバカ日誌第33弾

はまちゃんのフリバカ日誌

 

12月10日 埼玉スーパーアリーナ骨董アンティーク フェア買い物リポート
 

今回は川越のフリマや骨董市で知り合った方が出店されるとの事で平日開催の埼玉スーパーアリーナ骨董アンティーク フェアへ見物方々買い物に行ってきました。

この会場は和骨董店と西洋アンティークなどがメインでレトロ玩具や古道具など約200店ほどの出店がある大規模骨董市でした。
出店は和骨董が全体のメインで、西洋アンティーク、古布、古布のリメーク洋服、陶器、古民具、ガラス製品、掛軸、時計、アクセサリー、ジュエリー、人形などが多数出品されていました。
平日開催のため、土日に来られない人にも好評で入場無料で11時会場にも関わらず10時過ぎぐらいから行列が出来開場時には長蛇の列でした。

骨董市と言う事で客層も若い方は少なく年配の方が目立ちました。
出店料も聞いた所では2日間の料金だと思われますが8万円との事で高く、売り上げで元が取れるか心配になるくらいの額でした。
この出店料を考えると自分の回って聞いた気になる商品の値段はフリマよりは高めの設定ですが決して高くは無いなあ~と思いました。
古民具のタンスや家具も手入れされていて高い物でも9万で小型の物は16,000円ぐらいで自宅のスペースが有れば欲しかったです。アラジンの初期型のストーブもほぼ未使用で3万円ちょっとでこちらも少しそそられましたが同等品が有るので諦めました。
出店されている方達も気さくでお洒落な方が多く綺麗にディスプレーされておりお客さんとの会話も楽しんで出されている様でした。

最短の駅はJR京浜東北線さいたま新都心駅で3~4分と言った所でS1ゲートからの入場です、埼玉スーパーアリーナの地下には、かなりの台数が収容可能な駐車場もあり車でも安心です。
今回の戦利品としては非売品で配られたと思われる石原裕次郎の半被が4,000円と古布のリサイクル洋服などでしたが観るだけでも中々面白いので次回(6月9日・10日)も休みが合えば行ってみようかと思います。

11時開場後の行列
 
キレイにディスプレーされたブースの素敵なご夫婦
 
キレイに手入れされた古民具
 
骨董小物や古布のリメーク洋服を仕立てるご家族
 
今回の戦利品、古布のリメーク洋服
 
石原軍団の半被

-はまちゃんのフリバカ日誌

© 2020 フリマガイド®ヨミモノ Powered by AFFINGER5